首页 体育 教育 财经 社会 娱乐 军事 国内 科技 互联网 房产 国际 女人 汽车 游戏

妻管严的日本男人一个月可以拿多少零花钱?

2020-05-19

結婚すると問題になるのが、おこづかいの金額。実は开端に決めた金額がかなり重要だって知っていましたか? 結婚年数が経過しても、多くの家庭でおこづかいの金額は変動していないようです。开端が肝心のおこづかい決め、皆さんはどのようにしているのでしょうか?

谈到成婚的论题,一个不可防止的问题便是给老公的零花钱。其实你知道吗?一开端定的金额是尤为重要的。由于许多家庭在成婚数年后,零花钱的金额也不会变化。那么一开端定好的金额尤为要害,我们是怎样定的?

Q.パートナーのお小遣い、いくら?

Q.你给伴侣的零花是多少?

1.1万円未満 14.7%、2.1〜2万円未満 17.6%3.2〜3万円未満 25.1%4.3〜4万円未満 18.8%5.4〜5万円未満/5万円以上 21.1%

1.不到一万日元 14.7%、2一~二万日元 17.6%3二~三万日元 25.1%4三~四万日元 18.8%5四~五万日元不到或是五万日元以上 21.1%

ボリュームゾーンは2〜3万円未満で25.1%。3万円以下の人が約对折という結果になりました。住所ローンや子どもの教育費などにお金がかかるので、パパたちのお財布は寂しくなりがちなのかも。

成果较为会集的是在2万日元到3万日元不到的25.1%(近似于590-1180人民币)。3万日元以下的人占到了近一半。房屋贷款、小孩的教育经费也要花费许多钱,爸爸们的钱包也很简单变得瘪瘪的。

■給料が上がっても変わらぬ夫のこづかい

■薪酬变也不会变的老公的零花钱

本当なら給料が上がったらおこづかいもあげてほしい!というのが夫の本音かも。それでも家計のことを考えると据え置きというのが現実。結婚して开端に決めるおこづかいの金額はかなり重要です。

老公心里也期望假如涨薪酬的话,零花钱也能涨一点。可是考虑到家用的话,不变化也是现实。成婚之初定好的零花钱金额非常重要。

「子どもたちの教育費は年々増え続けているのでパートに出ることにしました。旦那さんのこづかいは3〜5万で結婚してから変わっていません」(和歌山県 40代女人)

“孩子们的教育经费每年都在上涨,自己都要偶然出去打工了。老公的零花钱一向便是3万日元到5万日元,成婚今后一向没有变过”(和歌山县 40岁左右女人)

「25年前の結婚最初からずっと旦那のおこづかいは月5万円のまま。住所ローンと子供にかかる教育費が大変でとても旦那のおこづかいを上げる余裕なし」(神奈川県 50代女人)

“从25年前成婚开端,老公的零用钱就一向是5万日元左右。由于房贷和孩子的教育经费都现已很吃紧了,彻底没有剩余来给老公涨零花钱。”(神奈川县 50岁左右女人)

「夫のおこづかいはずっと同じです。お給料が上がってもおこづかいは変わらずで、何一つ文句を言わないので感謝しています!」(神奈川県 40代女人)

“老公的零用钱一向都是那样的。薪酬涨了,零花钱也没有涨过。从来没有抱怨过一句,非常感谢”(神奈川县 40岁左右女人)

■決まった金額はなく欲しいものは申告制

■没有固定金额,需求什么就打陈述

お昼にはお弁当をもたせているし、わずかなお金だけ持っていれば非常。飲み会などのときには別で家計から出しているという家庭もたくさんありました。余分なお金は持たないことが無駄遣いを防ぐ榜首歩なんですね。

午饭的时分是带着便利去的,只需带一点点钱就够了。饭局是从其他生活费里抠出来,有不少家庭都是这样做的。不让其带剩余的钱是防止糟蹋的榜首步。

「大工なので弁当持参だし、現場での一服の飲み物も普段んお買い物で買っているし、ギャンブルするわけでもないです。必要最低限の金額しか渡していませんが、飲み会などがあるときはその都度財布に足してあげる程度です」(北海道 40代女人)

“由于是木匠,自己带便利曩昔的。在作业现场喝的东西也是平常买好的,也不会去赌博。所以只带最低需求的金额就好了,需求集会吃饭的时分会必定程度多给一些”(北海道 40岁左右女人)

「お互い決まった額のこづかいはありません。倹約家です。大きな買い物があるときには、優先順位をつけ2人で相談して購入」(神奈川県 40代女人)

“并没有彼此决定好的金额。都是节省的人。想买大件物品的时分,排好次序两个人一同商议购买”(神奈川县 40岁左右女人)

■ボーナスの一部や残業代はパパのおこづかいに

■奖金和加班费是爸爸的零花钱

毎月の固定のおこづかいは少なくても、ボーナスの一部や残業代などはパパのおこづかいにしているという人も。自分の頑張りが少しでも反映される方がやる気が出るのは大人も同じようです

每个月固定的零花钱较少的话,奖金的一部分还有加班费的一部分都会成为爸爸的零花钱。大人也是相同的,自己尽力的部分可以反响出来的话,也会更有干劲。

「毎月のおこづかいは1万5000円。少ないかもしれないけど、たばこも吸わないし、お昼はいつも手作り弁当。お酒も家計から出し、一緒に出かけた時の買い物も家計から、会社などの飲み会経費も家計からです。追加でボーナスには1割弱のおこづかいを年2回と定めています」(愛媛県 40代女人)

“每个月的零花钱是1万2000日元。或许有点少,可是不抽烟,午饭也是带曩昔的便利。酒也是从生活费里出的,一同外出购物的时分购物费用也算生活费,公司安排的聚餐费用也是来自生活费。规则追加的奖金会抽出一成来做一年两次的零花钱”(爱媛县 40岁左右女人)

「2万+夜勤手当+残業手当。結婚最初におこづかいでいいけど、余分にがんばった分はほしいと言われました。おこづかいの中から、夏休みに宗族游览に連れて行ってくれます」(愛知県 40代女人)

“2万+夜班补助+加班补助。成婚最初定好的加班费就够了。期望拿到更多加油的一部分。从加班费里拿出经费,用于暑假的时分带着家里人一同去游览。”(爱知县 40岁左右女人)

热门文章

随机推荐

推荐文章